fbpx

歴史

ランブレッタの名前は、イノチェンティ社が最初にランブレッタ・スクーターを誕生させたイタリア・ランブラテ地区を通るランブロ川に由来しています。また、「軽量(重量)、迅速、軽快」を意味するイタリア語、ランブルスという言葉からも由来しているのです。

 

ランブレッタは、第二次世界大戦の直後、イタリア北部にあるミラノの郊外、ランブラーテ地区にあるイノセンティ鋼管工場で、産声を上げました。

 

ランブレッタは当初、楽しく、信頼できる移動手段として、お値打ちで、当時の時代を先取りする革新性やデザインを備え、6色ものパステルカラーを用意されてデビューしました。

 

1960年代に流行したモッズ・カルチャーにそのアイコンとして愛されたランブレッタは、ジェームズ=ディーンに代表されるような多くの著名人にも親しまれまれ、瞬く間に伝説へと昇華しました。ランブレッタは単なるスクーター以上の、ファッションの象徴としてもブランドに成長したのです。

 

しかし、小型自動車の人気が高まるにつれて、スクーターの需要は減少しました。 1997年にランブレッタはライセンス生産を含むすべての車両の生産を中止したのです。そして今、2017年に、新しいVスペシャルとともに戻ってきました。

歴史

ランブレッタの名前は、イノチェンティ社が最初にランブレッタ・スクーターを誕生させたイタリア・ランブラテ地区を通るランブロ川に由来しています。また、「軽量(重量)、迅速、軽快」を意味するイタリア語、ランブルスという言葉からも由来しているのです。

 

ランブレッタは、第二次世界大戦の直後、イタリア北部にあるミラノの郊外、ランブラーテ地区にあるイノセンティ鋼管工場で、産声を上げました。

 

ランブレッタは当初、楽しく、信頼できる移動手段として、お値打ちで、当時の時代を先取りする革新性やデザインを備え、6色ものパステルカラーを用意されてデビューしました。

 

1960年代に流行したモッズ・カルチャーにそのアイコンとして愛されたランブレッタは、ジェームズ=ディーンに代表されるような多くの著名人にも親しまれまれ、瞬く間に伝説へと昇華しました。ランブレッタは単なるスクーター以上の、ファッションの象徴としてもブランドに成長したのです。

 

しかし、小型自動車の人気が高まるにつれて、スクーターの需要は減少しました。 1997年にランブレッタはライセンス生産を含むすべての車両の生産を中止したのです。そして今、2017年に、新しいVスペシャルとともに戻ってきました。

1948

LAMBRETTA M (A) 125

 

最初のランブレッタは、Aモデル、あるいは125Mと呼ばれるモデルです。輸出されることが無かったこの最初のモデルには、3速のギアボックスが搭載された125㏄のエンジンと、イノチェンティとしてはこのモデルのみに搭載した、足動式のチェンジペダルを備えていました。リアサスペンションはなく、フロントに備えられたラバー製のアンチ・バイブレーション・ブロックによって車体は支えられていました。

 
 

1948

LAMBRETTA M (A) 125

 

最初のランブレッタは、Aモデル、あるいは125Mと呼ばれるモデルです。輸出されることが無かったこの最初のモデルには、3速のギアボックスが搭載された125㏄のエンジンと、イノチェンティとしてはこのモデルのみに搭載した、足動式のチェンジペダルを備えていました。リアサスペンションはなく、フロントに備えられたラバー製のアンチ・バイブレーション・ブロックによって車体は支えられていました。

 
 

1950

LAMBRETTA LC 125

 

これは、フルサイズのレッグシールドとサイドパネルを備えた最初のランブレッタでした。このLCとLDに用意されたサイドパネルこそが、’’L”、すなわちLuxaryを表しているのです。

1950

LAMBRETTA LC 125

 

これは、フルサイズのレッグシールドとサイドパネルを備えた最初のランブレッタでした。このLCとLDに用意されたサイドパネルこそが、’’L”、すなわちLuxaryを表しているのです。

1951

LAMBRETTA M MK D

 

これは、最初にイタリア国外で生産されたモデルとなります。イノチェンティ社はこのモデルを皮切りに、世界各地でのライセンス生産を始めました。

1951

LAMBRETTA M MK D

 

これは、最初にイタリア国外で生産されたモデルとなります。イノチェンティ社はこのモデルを皮切りに、世界各地でのライセンス生産を始めました。

1961

LAMBRETTA SERIES 3 (LI)

 

この「シリーズIII」とその派生モデルには、「スリム・スタイル」というニックネームが与えられました。シリーズ!やIIに比べ、スマートな流線型を描いたボディを備えていたからです。このデザインはシリーズすべてのモデル、すなわちLI、TV、SX、GPにも踏襲されました。

1961

LAMBRETTA SERIES 3 (LI)

 

この「シリーズIII」とその派生モデルには、「スリム・スタイル」というニックネームが与えられました。シリーズ!やIIに比べ、スマートな流線型を描いたボディを備えていたからです。このデザインはシリーズすべてのモデル、すなわちLI、TV、SX、GPにも踏襲されました。

1969

LAMBRETTA GRAND PRIX DL

 

イノチェンティは、GPシリーズをフルモデルチェンジさせるため、イタリアのベルトーネをデザイナーに迎えました。このモデルはイギリスやほかのいくつかの国ではGPとして知られていますが、その他ほとんどの仕向け地ではDLという名で知られています

1969

LAMBRETTA GRAND PRIX DL

 

イノチェンティは、GPシリーズをフルモデルチェンジさせるため、イタリアのベルトーネをデザイナーに迎えました。このモデルはイギリスやほかのいくつかの国ではGPとして知られていますが、その他ほとんどの仕向け地ではDLという名で知られています

2017

LAMBRETTA V-SPECIAL

 

V-Specialは空冷エンジン。排気量は50/125/200(170)ccの3種類です。

2017

LAMBRETTA V-SPECIAL

 

V-Specialは空冷エンジン。排気量は50/125/200(170)ccの3種類です。